food right!!は、「良い食べ物」、eat right!!は、「良い食べ方」。「良い食べ物」は、栄養素(ビタミン、ミネラル、食物栄養素・・)であったり、食材(ニンジン、キュウリ…)といった「名詞」。
「良い食べ方」は、楽しく食べる、よく噛んで食べる、誰と食べる、何を食べる、何を選ぶ、、といった「動詞」。
「良い食べ物(名詞)」も大切ですが、今大切なことは「良い食べ方(動詞)」の実践です。



食育を英語表現すると「eating education」。即ち、食べ方の学習。
歯科として求められている食育は、消化器官としの「口」の働きを学ぶ機会。食育支援歯科では、お口の健康を守るためにも良い食べ方・正しいかみ方(かみ合わせ)といった《eat right!!》を重要視しています。


お口の健康は全身の健康に繋がっています。よく噛むことは、健康に生きること。しかし、現代は噛まない人が増えています。「あなたはよく噛んで食べていますか?」
お口の中を診ると、分かることがたくさんあります。
歯をみたら食生活や生活リズムもみえてきます。口腔環境をみると、腸内環境もみえてきます。

だから、食べ方が変わると口腔内が変わります。
一人一人違う歯の成長、口腔内の変化、治療の経過など、お口の状態をしっかり画像で管理し、あなた以上にあなたを分かってくれる存在、それが食育支援歯科です。あなたの一生のパートナーとなる食育支援歯科と出会えますように。
みんなで「食育」を、もっと「楽しく」
Copyright eatright japan + 食育支援歯科ドットコム All Rights Reserved